【LINE頻度】1日何通がベスト?LINEの頻度が減る意味は?

【LINE頻度】1日何通がベスト?LINEの頻度が減る意味は?

現代ではコミュニケーションに欠かせない存在となったメッセージアプリ「LINE」。

ビジネスや社交の場でのコミュニケーションなど、私たちの生活に欠かせない存在となっています。

しかし、LINEは1日何通が最適な頻度なのでしょうか?

LINEの頻度は1日何通がベストなのか、また、LINEの頻度が減る理由についても紹介していきます。

今なら無料で電話占いできます!

エキサイト電話占いは今なら新規登録者限定で合計8,500円分の占いが無料になります!

エキサイト電話占い

\今なら初回合計最大8,500円分が無料!/
\見逃しては損!/

公式サイトで詳しく見る

 

以下の記事で新規無料の電話占いを一挙に紹介しています。

【新規無料の電話占い47社】お試しで鑑定できるのでおすすめ!初回30分以上がタダに!

 

付き合う前のLINEの頻度は1日何通がベスト?

付き合う前のLINEの頻度は1日何通がベスト?

付き合う前のLINEメッセージの頻度に関して、明確な答えがあるわけではありません。

しかし、一般的には健康的なコミュニケーションのバランスを保つべきだと言われています。

つまり、コミュニケーションが多すぎるのも少なすぎるのも、どちらも人間関係を悪くする可能性があるので、バランスをとることが大切です。

重要なのは、コミュニケーションが少なすぎるのも、多すぎるのと同じくらいダメージが大きいということです。

メッセージの量が少なすぎると、相手は不満を感じたり、自分に興味がないのではと思ったりする可能性があります。

一方、メッセージの量が多すぎると、相手は圧倒されたり、息苦しく感じたりすることがあります。

適切なバランスを見つけるには、連絡を取りつつも、頻繁すぎないようにすることです。

 

社会人の1日のLINEの頻度は3〜5回が自然

社会人の男女がLINEをする場合、仕事中にLINEを送っても、ほぼ返信を期待できません。

むしろ、仕事の時間帯にLINEを送ると

「仕事をしているのかな?」

「仕事中に何度もLINEがきて集中できない」

などと思われかねません。

LINEを送るのは、業務開始前、昼休み、業務後にすると相手からの印象が良いでしょう。

そうなると必然的に、1日のLINEのやり取りはお互い3〜5回程度になるのではないでしょうか。

社会人はすぐに返信できないことが多いので、焦らず待ちましょう。

 

それでもやはりLINEの頻度は多様

もし、1日に何度もメッセージを送っているのであれば、それは多すぎるかもしれません。

しかし、1日に1回以下しかメッセージを送らないのであれば、少なすぎる可能性があります。

男性も女性もLINEを使う頻度は個人差があります。

ほとんどスマホを見ない人もいれば、とてもレスポンスが早い人もいます。

大切なのは、自分たちの関係にとって適切なバランスを見つけることです。

1日に何度もメッセージをやり取りすることに抵抗がない人たちもいれば、1日1回、あるいはそれ以下の頻度でメッセージをやり取りすることを好む人たちもいます。

 

LINEの頻度が減っていく理由

LINEの頻度が減っていく理由

LINEメッセージの頻度が時間の経過とともに減少する理由は2つあります。

一つは、2人が忙しくなることで、コミュニケーションが少なくなる可能性があることです。

特に、どちらかが仕事などで忙しい場合、その傾向は強くなります。

もう一つは、相手に興味を失ったからです。

かつてのように頻繁にコミュニケーションを取りたいと思わなくなったケースです。

どのような理由であれ、コミュニケーションはどんな関係においても重要な要素であり、おろそかにしてはならないことを覚えておくことが重要です。

 

LINEの頻度から分かる脈ありサイン

LINEの頻度から分かる脈ありサイン

いざ付き合うとなると、付き合う前のLINEのメッセージの頻度が、関係の強さを表す指標になることがあります。

頻繁にメッセージを継続してやり取りをしているのであれば、二人の相性は良く、恋人への発展を考えられる状態です。

逆に、LINEメッセージの頻度が減っている場合は、相手に関心が薄れている状態です。

このままフェードアウトして恋愛未満で終わらせるか、デートや食事に行くなどLINE以外のコミュニケーションを図りましょう。

 

まとめ

まとめ

付き合う前のLINEは1日何通がベストな頻度なのかは、その関係性や相手によって異なります。

多すぎるコミュニケーションと少なすぎるコミュニケーションは、どちらも人間関係を悪くする可能性があるので、バランスをとることが大切です。

また、特にどちらかが社会人の場合、メッセージのやり取りの回数は少なくなるため、焦らず返信を待ちましょう。