コロナ禍の新婚旅行・ハネムーン事情:半数以上は国内!コロナ禍の実際の新婚旅行のエピソードをご紹介

ハネムーン

「PLACOLE & DRESSY」ブランドを展開する、冒険社プラコレ(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:武藤功樹)は、20代30代の花嫁1695人を対象に、先輩花嫁のリアルな声「コロナ禍の新婚旅行・ハネムーン事情」に関する実態調査を実施しました。

20代~30代の女性1695人が回答したコロナ禍の新婚旅行事情について

調査結果の要約

  • 新婚旅行・ハネムーンに行くと回答した花嫁は全体の68%
  • その内、半数以上が国内旅行を選択
  • コロナの影響で新婚旅行・ハネムーンを国内で楽しむ花嫁の声も多く見られた

プラコレは、「自由な未来をつくる」という経営理念のもと、Instagramのストーリーズを活用し、リアルな花嫁の本当の声を収集し、その声から本当に知りたい情報を発信しています。

ブライダル業界のSNSリーディングカンパニーとして「自由な結婚式をつくる人を増やす」をサービス理念に、ユーザーだけでなく、ブライダル業界で働く人たちの給料をあげられるような業界改革を熱量もって推進しているチームです。

新婚旅行・ハネムーンはいく?いかない?

コロナ禍の新婚旅行・ハネムーンをどうしているのか花嫁も気になるポイント。

今回の新婚旅行・ハネムーンに関してのアンケートは、新婚旅行・ハネムーンに行くと回答した花嫁が全体の68%の1,224名と半数以上を占める結果となりました。

コロナ禍であっても感染症対策をしっかりと行い、新婚旅行・ハネムーンにいく方向で検討されている方が多いようです。

コロナ禍の新婚旅行アンケート

 

新婚旅行・ハネムーンの行き先

続いては、新婚旅行・ハネムーンの行き先について。

コロナ禍で新婚旅行・ハネムーンの行き先を悩んでいる花嫁も多い中、国内と答えた花嫁が全体の54%で889名と半数以上を占める結果に。

コロナ禍ということもあり国内旅行の需要が増えているようです。

また、全体の46%の770名の花嫁は海外旅行の回答。

新婚旅行・ハネムーンでは、普段はなかなか行けない憧れの海外旅行へ行きたいと思う花嫁も多く、コロナが落ち着いているタイミングを見計らって、旅行先の情勢などもみながら、海外旅行の計画を立てられる花嫁も多いようです。

コロナ禍の新婚旅行アンケート

国内ハネムーンのエピソード

  • 国内で良い宿巡り。
  • コロナの影響で海外旅行は断念。その代わり、体力がもつ限り行きたいところに行きまくりました。
  • コロナが怖かったので公共機関を使わずにドライブで中国・四国を9泊10日で周りました。
  • 行く機会が少ない東北に1日1県滞在しました。

以上のようなコメントがあげられました。

コロナ禍の影響で国内旅行を満喫したというエピソード。
渡航費が浮いた分でちょっと贅沢なホテルに泊まったり、国内の様々な旅行先におでかけされた花嫁も。

新婚旅行・ハネムーンに行く時期は?

では、新婚旅行・ハネムーンに行くのはいつ頃なのか。

新婚旅行・ハネムーンの時期について入籍から1年以内に行きたいと答えた方が多い結果に。

新婚旅行・ハネムーンということであまり先延ばしにしたくないと考える花嫁や、慶事休暇が取れるタイミングの兼ね合いで早めに新婚旅行・ハネムーンを予定しているという花嫁も多く見受けられました。

ただその中で、コロナ禍ということもあり先延ばしになり、入籍後1年以上先になってしまったという方も。

コロナ禍の新婚旅行アンケート

調査概要

表題:「コロナ禍の新婚旅行事情」に関する実態調査
調査主体:プラコレウェディング
調査方法:Instagram ストーリーズ
調査期間:2022年7月12日~7月14日
有効回答:1695名

調査記事:https://www.farny.jp/archives/resort/honeymoon/118174

PLACOLE&DRESSYブランドストーリー

Magical in life -人生に魔法を-

PLACOLE(planning collection)
-多様な個性に-

DRESSY
-煌めきをあたえる-

PLACOLE&DRESSY
-個性が煌めく魔法の言葉-

PLACOLE&DRESSY(プラコレ&ドレシー)『個性が煌めく魔法の言葉』 “100人の人生に100通りに煌めく魔法をかける”をテーマに創設された古都鎌倉発のラグジュアリーブランド。

ウェディングドレスを中心に最先端で価値あるものを発信するファッションメディアを運営。

ドレスとお花がモチーフのオリジナルアイテムは、ジュエリー、アクセサリー、食器、紅茶、等、 日常にすこしでも煌めきを与えたい願いを込めて、ウェディングドレスの伝統を重んじながら、 常識をブレイクスルーする独創的なアイデアと最高級の品質で心を込めて制作している製品です。

  • 今月の表紙

■7月号表紙カバーモデル:女優/モデル 岡崎紗絵さん
インタビュー記事  https://dressy.pla-cole.wedding/saeokazaki/

■7月プレゼント企画
1. 指原莉乃プロデュースコスメブランド「Ririmew」 花嫁カラープライマーセット
https://dressy.pla-cole.wedding/weddingbox-vol20-ririmew/

2.ウェディングボックス
(7月中旬リリース予定!)

6月はこちら!
https://dressy.pla-cole.wedding/wedding-box-2206/

PLACOLE&DRESSY(プラコレ&ドレシー)

 

冒険社プラコレの冒険日誌

冒険社プラコレは2015年11月2日に会社設立し、ブライダル業界で初めて「チャットサービス」を開始し、現在では全国でサービスを展開。

従来の結婚式場を検索するサービスとは一線を画し、プランナーさんとweb上でつながる「webチャットプラットフォーム」として、SNSや口コミを中心に広まり、2022年6月現在では、会員登録数が12万組を突破しました。

具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。

その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信します。

また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、2230名を超える結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能です。

チャットひとつで全ての悩みが解決できる「PLACOLE WEDDING」には、ご利用者様の50%が他媒体を利用せずPLACOLE WEDDINGのみ利用、また、NPS調査でも70%以上のユーザーが友人に勧めたいと回答しました。

運営側が驚くほど、毎日たくさんの”ありがとう”の声を聞けるサービスになりました。

2022年6月現在、月間4000組以上のカップルが新規会員登録、合計2230名以上のウェディングプランナーが登録し、導入会場数は1750会場を越え、ブライダル業界初のチャットコミュニケーションメディアとして、独自の立ち位置を確立しています。

公式運営するFacebook、Twitter、Instagram、TikTokでは合計フォロワー数は77.4万人を超えました。

自社メディア『DRESSY』や『美花嫁図鑑farny』なども運営し、合計PV数は月間250万PVを突破! 高級ウェディングドレスが最大90%OFFで購入できる通販サイト”DRESSYONLINE”も展開しています。

上記のサービスや、その他、結婚式にまつわる情報やサービスをまとめた花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー」は2022年6月時点で累計21万ダウンロードを突破しました。

会社概要

社名:冒険社プラコレ
URL:https://pla-cole.co/
所在地:神奈川県横浜市西区南幸1丁目1-1JR横浜タワー21階
設立:2015年11月2日
代表取締役CEO:武藤功樹
事業内容
『PLACOLE&DRESSY』ブランド事業
『DRESSY ROOM &Tea』カフェ/ショップ事業
『ViKet Town』ビジネルツール(2Dメタバース)事業

冒険社プラコレは、オフィスでも、自宅でも、北海道でも、ハワイでも、パリでも、世界中の仲間達と同じ空間、時間で働くことができる『ViKet Town(ビケットタウン)』(異世界空間)を本社としています。

通勤時間や居住場所の制限をなくす事で、人生の選択肢が増える『自由な未来』を目指す会社です。

オフラインの環境や事業にも力を入れており、2022年1月に、JR横浜タワーにベースオフィスを開設。

2022年3月に、DRESSY ROOM(女性に魔法をかける空間店舗)を横浜、鎌倉に2店舗目となるお花とドレスと紅茶のお店DRESSY ROOM &Teaを開業しました。

全国、全世界に展開し、横浜から世界へ、世界中で愛されるサービスを展開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA