【恋人や好きな人が潔癖症だったら】彼氏・彼女との接し方のポイント

【恋人や好きな人が潔癖症だったら】彼氏・彼女との接し方のポイント

実は今気になる人が潔癖症気味で・・・どう接したら良いかわからない・・・。

好きな相手が潔癖症の場合、まずは相手を理解する事が大切です。

潔癖症の方が「相手に求めている事」や「上手な付き合い方」をご紹介していきます。今回の記事を読んで潔癖症のことを理解しましょう。

この記事でわかる事
  • 潔癖症とは「脅迫概念」の一つで、単なる綺麗好きとは違う
  • 潔癖症の人が抱える心理を理解しよう
  • 潔癖症の人と上手に付き合うためには「長所」として理解してあげよう
  • 相手に求める5つの条件を押さえる事ができればお互いの距離が縮められるかも!

恋活・婚活ならマリッシュ:マッチングアプリ

恋活・婚活ならマリッシュ

\無料で始められるマッチングアプリ!/
\Facebook登録不要!/
\平均3ヶ月半で素敵なカップルが誕生!/

マリッシュの公式サイトで詳しく見る

 

そもそも潔癖症とは:脅迫・強迫神経症

そもそも潔癖症とは:脅迫・強迫神経症
潔癖症は次のように定義されています。

不正や不潔を嫌い、どんなものにも妥協しない完全なものを求める性格をいう。また不潔恐怖症の意味でも用いられる。

不潔恐怖症は汚れを過剰に気にすることであり、現実に汚れているかどうかが問題ではなく、一旦取りついた脅迫概念(不潔恐怖)を治めるために、さらに汚れを落とそうとするような脅迫行為を繰り返すノイローゼ(脅迫神経症)の一種であり、俗に潔癖症と呼ばれることが多いが、精神医学的には不潔恐怖症(強迫神経症)とよばれ、症状がひどい場合は治療の対象になる。

ウィキペディアより引用

潔癖症とは脅迫概念の一つで、度の超えたきれい好きの事を一般的に潔癖症と呼ばれる事が多いです。

常に汚れに過剰に反応してしまう人や、なんでも身の回りのことを完璧にしないと気が済まない人は潔癖症の気があるかもしれません。

なお、潔癖症かそうでないかをはっきり分ける境界線はありません。

潔癖症ときれい好きは違う

潔癖症ときれい好きは違う

「潔癖症」「きれい好き」は異なります。

  • きれい好き・・・目に見える汚れが気になる。掃除が好き。
  • 潔癖症・・・汚れている可能性があると気になる。掃除が好きなわけではない。

潔癖症は目に汚れが見えないところでも脅迫概念によって汚れを落とそうとしてしまうことが特徴です。実際に汚れていなくても、きれいにすべきと衝動に駆られます。

潔癖症を理解するポイント

それでは潔癖症を理解する為に、まずは潔癖症の心理を理解しましょう。

潔癖症の人が持つ心理は主に以下の2つです。

  1. 完璧主義気質・几帳面
  2. 恐怖心・心配性

完璧主義気質・几帳面

完璧主義の人や几帳面な性格の人は、何かに対して「こうはこうあるべき」という信念があります。そうしなければならない理由がなかったとしても、自分でルールを作ってそれに従います。

例えば、自分の物を他人に触られるとその部分をきれいにしたくなります。他人に触られたからといって汚れるわけではありませんが、「他人が触れる=きれいにすべき」というルールができあがっています。

そして、ルールがある以上はそれに従い、きれいにすること自体に達成感を覚えます。

決して相手のことを汚れていると思ったり、嫌いなわけではありません。

恐怖心・心配性

汚れに対して強い恐怖心があり、その不安を取り除くためにきれいにします。ルールを作って従うというよりは、本能的・衝動的に汚れに過敏に反応します。

自分が汚れていると感じたものを放置しておくことができません。放置しておくと、不安に襲われて他のことが手に付きません。きれいにすることが生活の最優先事項です。

掃除や消毒が好きというよりも、きれいにしなければ落ち着きません。

潔癖症の異性との上手な付き合い方

潔癖症の異性との上手な付き合い方

もし、自分の好きな人が「潔癖症かな?」と思える部分があれば、まずはそこを受け止めて理解する事から始めてみましょう。

「潔癖症=付き合いづらい、めんどくさい」と大抵の人は潔癖症をデメリットに感じてしまいがちです。

しかし、適度な潔癖症であれば綺麗好きで細かいところも配慮が効くという長所として見ることもできます。

無理に潔癖症を治そうとしてはいけません。本人はそれほど自身の潔癖症を問題と思っていないことも多いです。日常生活に大きな支障があり、本人も潔癖症の改善を望んでいるなら医学的な治療を受けるのも選択肢のひとつです。

潔癖症の人が相手に求める事

潔癖症の人にはどうしてもできない事、受け付けない事があります。ここを理解してあげる事で、潔癖症のお相手との距離を縮められるかもしません。

料理のシェアが出来ない

潔癖症の方はたとえ好きな人が相手だとしても一つの料理をシェアして食べる事が苦手です。

ご飯デートに誘う際は鍋や大皿のサラダなどのメニューは避けた方が無難でしょう。ビュッフェ形式のレストランは潔癖症の人にはNGであることが多いです。

不特定多数の人が手を付けてしまっている料理には拒絶してしまうので、ほとんど食べれずに終わってしまうかもしれません。

人混みが苦手

赤の他人との肌の接触は極力避けたいので、人混みの多い場所に抵抗があります。

有名なデートスポットでも人混みが気になってしまうので、デートに誘っても中々行きたがらない傾向にあります。

もしデートに誘うなら「人が少ない穴場の場所」や「家デート」を提案して人混みは出来るだけ避けてあげましょう。

手を繋げない

潔癖症の人は人との接触に抵抗を感じやすく、好きな人だとしても清潔でなければ手を繋ぎたくないと思ってしまう時があります。

潔癖症は目に見えない汚れを気にしてしまうので、ちゃんと清潔かどうか判断ができないものにはどうしても触れたくないのです。

もしスキンシップを取りたい場合は、目の前で手を洗ったり除菌シートを使ったりして清潔である事をアピールして安心させてあげましょう。

公共機関の利用は避けたい

電車やバスのつり革や座席は誰が利用したかわからず、潔癖症の人にとっては苦手です。

また、他人と距離が近いので座れなかったり匂いが気になってしまったりするので、潔癖症の人は電車やバスの利用を避けたがる人が多いです。

手料理が食べれない

潔癖症の方は料理を出されても「手を洗っているかどうか」「キッチンは綺麗な状態か」など、まず衛生面を気にしてしまいます。

そのため、本当は嬉しい手料理でも食べる事に抵抗を感じてしまいます。特に手を直接触れて作る料理(おにぎり、ハンバーグ等・・・)は「どんなものに触れたかわからない」と考えてしまい嫌悪感を抱いてしまいます。

もし手料理を振る舞う場合は清潔な環境を整えておきましょう。

ラップやジップロックを使って手をあまり触れずに作れる工夫をするとより安心してくれます。

まとめ

今回の記事をまとめると・・・

  • 潔癖症とは「脅迫概念」の一つで、単なる綺麗好きとは違う
  • 潔癖症の人が抱える心理を理解しよう
  • 潔癖症の人と上手に付き合うためには「長所」として理解してあげよう
  • 相手に求める5つの条件を押さえる事ができればお互いの距離が縮められるかも!

一言に潔癖症と言っても汚いと感じる対象は人それぞれ違います。

その人がどのようなことをされると嫌がるのかをまずは知ってあげる事が理解する1番の近道です。